最近のトラックバック

ホームページ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ウィリーくん改めJくんから幸せ報告

名前がかわり、Jになりました。

最近は、散歩中

二足歩行ができるのか?

と言うくらいぴょんぴょん跳ねて、

母親にくっつきながら、散歩をしています(^_^)v

20110425

ウィリーくんが新しいご家族の元へ行って ちょうど1ヶ月

Jくん 事務所でしっかり看板犬もしくは番犬しているではないですかgood 

えらい! えらい!

あすか親子

001

あすか母さんの頑張りで大きく育ちました~

003_2

この真剣な後姿!!のぞみくんです。

感じるものがあるんでしょう。一生懸命最後のおっぱいを飲みました

002

あすかも何かを感じてますね・・

005_2

”あれ、どうしてこんなところに・・”とでも言いたいのでしょうか・・

007_2

玄関まで追いかけてきます

”あす~、ごめんね~のぞみとゆうきは一緒に幸せになるんだよ~”

精神年齢の同じぐらいのしおりも心配してます

012_2

のぞみ・ゆうき一緒にトライアルになりました

I様末永くよろしくお願いいたします

親子の別れの譲渡には心が潰れる思いですが

幸せになってもらうには仕方が無いと思ってます

ゆめちゃんもお申し込みを多数頂いておりますが

折角親子で保護出来ましたので

あすか母さん・ゆめの2頭での飼い主様をお待ちいたしております

よろしくお願いいたします

寄付募金箱の御礼 宝島様

犬猫のレスキューのための
活動資金の募金箱をおかせて頂いていた
川崎のペットフード店 宝島様


このたび
皆さまからの善意の募金を
集めて頂いたその募金箱を
取りに伺わせていただきました


本当に 本当に
ありがとうございます


アリスの会では
保健所のレスキューのみならず
双葉町の動物たちのレスキュー等・・も行っています


活動資金にとの
皆さまからの御協力には
こころより感謝いたします


大事に大事に使わせていただきます

スタッフ田中

福島県双葉町のレスキュー

22日より立ち入り禁止になるとの話を受け、21日に急遽双葉町のレスキューに入りました

003

高速のインターを降りると以外にも普通にお店も開いており

何故か普通なのに”ホッと一安心”しました。がつかの間でした

人気のない寂しい風景が始まり、この辺りは30キロ圏内に入ったんだろうと予測できました

20キロ圏で検問があり、止めることは出来ないが

とにかく危ないですからと忠告を受けました

004

この日は他の団体さんが双葉町の飼い主さんを連れ

自分の飼い犬・飼い猫の為にバスでレスキューに入ってくれてました

集合場所では無事に保護出来た子たちが居ました

005

バスを見送り、これからの思いでした

残された子を少しでも多く連れて帰るために・・・

ここには茶色の首輪をした2頭がウロウロしていて車に寄ってきました

すぐに車を止め捕獲に挑みましが逃げてしまいどうにもなりません

006

そのうち反対側から白い子が来ましたが捕まりません

時間があれば・・もっと人手があれば・・・・ごめんね

007

わかりづらいですがここにはたぶん10頭以上の子が居ます

ウロウロしている子・とにかく2階から叫んでいる子・様々でした

010

沢山の団体さんがレスキューに入っていますので

捕まえられないのならとたくさんのフードが置いてあります

そうです、お腹がすいていないにも関わらずこの子たちは

人間に何かを訴えたく寄ってくるんです

人恋しいんです

何とかしてあげたいけどどうにも時間がなく・・・

この付近には猫も居ました

捕獲器をかけましたが入ってくれません。

それもそのはず、目の前のスーパーの入り口が割れており

食べるものはいくらでもあるのでしょう。今は・・・

確認しただけで5頭は居ました

車に戻ればまるで行かないでと寄ってきて車の下に潜り込みます

時間があれば・・・ごめんね。入れるようになったら真っ先に行くから頑張って!

011

その後保護以来のあった浪江町に向かいましたが

道路損壊の為迂回させられ原発のすぐわきで見つけたこの子

繋がれたまま、周りには水もご飯もなくよく生きていました

012

とにかくお水を上げたところすごい勢いで飲み干します

016

無事に保護することが出来ました

この子の発見にはもう一頭の白い子が居ました

親子なのかもしれません。

その子は自分でリードを噛み切ったのか走り回ってました

捕獲を試みましたが無理でした

置き餌を沢山おいてくることしかできませんでした

017_2

再度街中に戻りましたが・・

019

地震の被害の大きさを感じました

027

スクリーニング検査の結果何も問題ありませんでした

保護出来た子は住所もわかるので先日から伺っている騎西高校の

双葉町の方に飼い主様を確認してみます

目の前に見た子たちを保護も出来ず何をお伝えしていいかわからず

ご報告が遅れましてすみませんでした

当初より双葉町の皆さんが避難されている騎西高校で

犬猫を連れて非難された方の避難先として出来る限りの活動・お話合いを進めております

ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした

皆様からのご支援ご寄附大変ありがとうございます

代表初めスタッフの活動の源になります

今後ともよろしくお願いいたします

ありがとうございました&お願い申し上げます

震災の影響で、皆様が益々お忙しく大変なご様子を拝見させて頂いております。

皆様、ご無理のしすぎで、体調を崩されていらっしゃいませんでしょうか?

 

皆様の大きな愛情がお力となり、トライアルへ行っていたみゅうちゃんに、

譲渡のお返事を頂けました事をご報告させて頂きます。

「どの子にも幸せになってほしい」と願ってくださる色々な方々お気持ちのおかげで、

器の大きな優しいお母様に、とてもよくお世話をしてくださる娘さん方に加え、

みゅうちゃんがくっついて眠るほど安心感を与えてくれる先住犬の子などのおかげで、

暖かく迎えてくださる、とても素敵なご家族に巡り合えました。

みゅうちゃんはきっと幸せに過ごされてもらえると、ありがたい気持ちでいっぱいです。

この感謝の気持ちをどうお伝えし、恩返しをしたらよいのか。。。

「ご心配や応援してを下さった皆様」本当にありがとうございました!!m(__)m

 

Img_1401_2  我が家に来てから約半年・・・

Img_3155_2  元気にお利口さんに成長してくれました♪

 

みゅうちゃんとはうまくいかない事があっても一緒に乗り越えた事で、絆が深まり、

一緒に過ごせて、本当に幸せでした。この経験は私の宝物です(*^_^*)

預かりさんが初めての私などにお預け頂けた事に感謝しております。

本当にありがとうございましたm(__)m

この幸運を未だ家族を待っているワンちゃん・猫ちゃん達におすそわけできましたら、嬉しいです♪

また、大変厳しい現実の中、ご無理をされながらも頑張っていらっしゃる皆様の努力が報われますように、

心から願っておりますm(__)m

 

さてさて・・・

我が家にはもう一人嫁入り前の娘がいますので、引き続き、ご紹介をさせていただきます(*^_^*)

名前;あむちゃん(我が家ではあむ茶(笑))

体重:12kg、2~3歳位の女の子。

効用:天真爛漫な性格で、元気をくれたり、 気持ちを癒してくれます♪

    なでられるもの大好きですが、話かけてもらうのがとても好きで、

    聞き上手な子なので、良いカウンセラーにもなってくれます(^^♪

お散歩:お散歩が大好きなので、ウォーキングや健康のためのお散歩・

     ダイエットなどの運動のお供に最適な子です♪( ^ω^ )

     万が一、お散歩中にリードが離れてしまう事があっても、

     呼び戻しができるほどになりましたので、慣れてきましたら、

     なおいっそう、ご安心してお散歩やドッグランを楽しんで頂けると思います(*^_^*)

食事:贅沢は言わずに質素な食事でも、好き嫌いなく食べてくれます(^・^)

   ご飯の支度の時は、台所でおとなしく傍にお座りをして待っている姿が、

   なんともいえず可愛いです(*^_^*)

シャンプー:たまに動き回る事もありますが、暴れる事はなく、お利口さんに出来ます。

       耳掃除・歯のシート拭き・肉球のマッサージはもちろん、

       お散歩後の足拭きやブラッシングもおとなしくできる良い子です(^^♪     

性格・その他:まだ人見知りをする事がたまにありますが、

         家族にはおしっぽフリフリで、命一杯甘えてくれるギャップが愛おしくて、

         なんともいえない嬉しさを感じさせてくれます(*^_^*)

         現在、我が家ではオヤツの時に、お座り・おて・おかわり・ポンができます。

         順応性が高く、賢い子なので、教えれば教えるほど、

         色々な事を覚えていく可能性・潜在能力が高い子です(^_^)v

 

Img_3160 Img_3256_2

Img_3178 Img_3191

 

健康丈夫で、素直・天真爛漫・甘えん坊で和ませてくれて、

幸せをくれる、可愛い可愛い子です(*^_^*)

どうかよろしくお願いいたしますm(__)m

   

代表金木より

被災地でのレスキューについてどのような活動が出来るのか?
また身近かでどんな活動が必要かとスタッフやボラさんたちと考えておりましたが
当会では埼玉県の被災者と動物受け入れ施設でのお手伝いを
行わせて頂くことに致しました
被災者を一番多く受け入れている騎西高校へ本日
埼玉県の推進委員と同じ推進委員のスタッフが出向きまして
飼い主さん方に必要な物資や要望などのお話を聞いてきました
先ずノミ取りのフロントラインなどとフィラリア対策を気にされて
いらっしゃるとの事でした
また文字通り 着の身着のままでいらしているので
フードやペットシーツも購入をしなければならない状態だそうです 
飼い主さん童謡にワンも猫さんもとても不安気だそうです
012  
犬も校庭の隅につながれたまま犬小屋もないそうで
雨ざらしの状態だそうですので犬小屋を購入して設置を致しました 
021
このように知らない環境下に意味も分からずに置かれていることが
ストレスだと思いますので心配ですが
車の中に入れっぱなしの犬猫さんもいるそうです
029  
環境の悪さが病気の発症の原因になりやすいのでこんな時こそ
出来るだけ高品質のフードを与えたり
ストレスのない対策を考えたいと思います 
031
また引き続き通って必要に応じてサービスの提供をしていきたいと思いますので
皆様 温いご協力をお願い致します
埼玉県の受け入れ施設での震災動物のレスキュー活動のお願い

現在埼玉県の受け入れ施設は100箇所以上もありますが
ご相談に応じて先ず一番多い人数の騎西高校の犬猫を対象に支援を行います
ご協力のほどをお願い致します
犬=フロントライン カルドメック  プレミアムフード ペットシーツ 

中型と大型のクレート シャンプー バスタオル 毛布
   狂犬病ワクチン接種の医療費など
猫=2段もしくは3段のケージ 猫砂 高品質のフード
皆様のご支援・ご協力をお願いいたします

[ALIVE-news]より転載

[ALIVE-news]より転載
被災動物も限界に達しています今皆様のご協力をお願い致します
転送もお願い致します

福島原発避難地域の飼育動物に関する要望

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆原発避難地域の飼育動物に関する要望┃2011.4.11
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
?
? 2011年3月11日の大震災・原発事故から1カ月が経ちましたが、
原発の損壊事故は一向に収まりを見せず、周辺地域での
放射能汚染は続いたままです。
  本日の報道発表では、政府はこれまでの避難指示地域を
立入禁止とし、さらに20キロ圏外でも汚染のひどい地域に避
難指示を拡大するとのことです。
  本日付で、避難地域に置き去りにされている飼育動物に
関して、関係機関に以下の要望をしています。皆さまも、
各機関にお願いの声をお届けください。

----------------------------

福島原発避難地域の飼育動物に関する要望
http://www.alive-net.net/companion-animal/saigai/youbou20110411.htm
2011年4月11日

内閣府政策統括・防災担当 御中
農林水産省地震災害対策本部 御中
環境省動物愛護管理室 御中
緊急災害時動物救援本部 御中
各国会議員 様

  防災基本計画には、「災害時における動物の管理(衛生
を含む)及び飼料の需給計画に関する事項」が定められて
います。福島原発の周辺地域において避難指示が出たときに、
当初長引くことは予想されず、多くの方々が犬や猫等の
ペットや、牛をはじめとする畜産動物を残してきました。
避難が長引くにつれ、動物への給餌給水のために一時帰宅
する方もいますが、それができない場合はすでに犬が野犬
化したり、家畜が餓死するなどが起こっています。
  近く避難命令が出される場合、これらの動物をどうするか
がさらに大きな問題となります。
  また、ペットを連れて避難できた方でも避難所等でペット
同伴が困難となっている場合があります。いずれのケースに
おいても早急な対策が必要ですので、以下の要望に関して、
関係機関におかれましては、ぜひ速やかに対処、指示等を
お願いいたします。

1.現地に放置されたペット問題 

  原発からの避難にあたって、ペットを残してきた場合には、
飼い主が長期間帰宅することができないため、つながれた
ものは餓死し、放されたものはわずかな餌を求めて放浪して
います。餌にありつくことができず、痩せ細って健康状態が
非常に悪化している個体も多く見受けられています。
また、多くが不妊去勢をしていないため、今後繁殖して野良
犬猫が増えていく可能性が高く、公衆衛生上の問題も生じます。

<要望> 
  放浪犬をはじめとする放置ペットの保護
  国の防災担当部署から避難地域の自治体に対して、飼い主
が餌を与えに現地に通っていた場合は、今後はペットを避難
先に連れていくように、また、どうしても連れていけない場合
には、地元の動物行政あるいは動物救援本部等に相談するよう、
指示をお願いします。飼い主が不明で放浪している犬等につ
いては、警察、消防、自衛隊等が巡回する場合に、可能で
あれば給餌給水を施すよう指示していただきたく存じます。
その場合に、有志の獣医師や動物保護団体等が同行し、自己
責任で捕獲・保護することを認めていただきたく存じます
(飼育動物は人の財産であるため、保護した地点、近隣の状況、
個体情報の公示を義務付けるという条件のもと)。

2.現地に放置された畜産動物問題 

   福島原発避難地域には、和牛生産農家をはじめ、多くの
畜産農家が存在しています。一部の牛等は、飼い主である農家
の方々の手によって放され、生きながらえていますが、つなが
れたり小屋に閉じ込められたりしている畜産動物たちは、餌も
水もなく衰弱死しつつあります。

<要望>
  放置された畜産動物の実態把握と給水給餌
  農林水産省では、県あるいは各市町村等に保管されている
畜産農家の名簿等から、牛・馬・豚・鶏などの飼養場所を
割り出し、現在残されている畜産動物がどのような状態に
あるか、速やかに実態を把握していただくようお願いいた
します。
閉じこめられている動物のなかでも、鶏や牛については、
まだ生存している個体が確認されています(4月6日時点)。
生存個体については、給水給餌のために畜産農家あるいは
獣医師や動物保護団体等が立ち入りすることを認めていた
だきたく存じます。また、速やかに家畜の預託先を紹介
していただくようお願いいたします。

3.避難所におけるペット問題 

   避難所によっては、ペット同伴が認められないため、
飼い主は車の中で過ごしたり、ペット可の避難所を求めて
転々としたりしています。また、公営住宅に入所の際には、
ペット同伴を禁止している自治体が多く、やむなく手放す
ことを強いられたりしています。仮設住宅においても、
ペット同伴が許されるかどうか定かではありません。

<要望>
  避難所でのペットの実態把握とサポート
  避難所の数が多く各地に分散しているため、ペットの状況
把握が困難です。環境省では、避難先になっている都道府県
及び市町村の担当者に対して、各地の避難所で責任者が同伴
ペットに関する聞き取り調査をするように求めていただき
たく存じます。被災動物が必要としているものが判明すれば、
とりまとめをして緊急災害時動物救援本部に物資の要請を行い、
本部はこれを速やかに手配するようお願いいたします。
また、避難所及び仮設住宅等でのペット同伴を認めるよう
各自治体に求めていただくようお願いいたします。

4.マンパワーの絶対的な不足 

  避難地域においては、震災の被災地とも重なっていたり、
行政の担当者自身も被災しているケースがあります。また、
人命優先の施策により、動物対策については遅れが生じて
います。対策を講じるにあたって、マンパワーやネット
ワークが絶対的に不足しています。

<要望>
  専従担当者の臨時雇用の必要性
  このような対策には、動物の愛護および管理に詳しい
専従の担当者を要します。緊急災害時動物救援本部では、
専従のスタッフを期限付きで雇用して、各県の救援本部
及び必要としている地域に派遣する必要があります。
その費用については、義援金をあてるべきです。物資は
すでに相当集まっていますので、今後は人材に資金を
投入してください。


特定非営利活動法人 地球生物会議 ALIVE
財団法人神奈川県動物愛護協会
被災動物保護調査団

-----------------------------

上記関係各機関のFAX番号は以下の通りです。

内閣府政策統括・防災担当 03-3581-8933
農林水産省地震災害対策本部 03-3592-7697
環境省動物愛護管理室 03-3508-9278
緊急災害時動物救援本部 03-3409-1868

ビビくん

こんばんは。ご無沙汰しております。
皆様の活躍、時々ホームページで拝見しております。
Photo
今日、うちのビビ君『去勢手術』やってまいりました。
6ヶ月頃から、散歩でもマーキングしたり…家の中でもかなり破壊王子となっております。
ウワサによると、去勢すると大人しくなるワンもいるとか…。
今日は、手術のショックからかしょんぼりしております(苦笑)
まぁ、そんなこんなで毎日賑やかに過ごしております。
また、ビビの兄弟たちもお元気してますでしょうか?
機会がありましたらぜひお会いしたいと思っております。
今後もご活躍を応援しております。

しおりちゃん、くつろぎ中

昼下がりの一時です

001

ネズミにはまだ興味がありませんがおもちゃ遊びも出来るようになりました

002

お腹を出してのクネクネさんです

005

そうかと思えば、高いところもへっちゃらです・・

(この姿はまるで橋げたの上で見たしおりです・・

その後、後ろに降りて行ってしまい、再度レスキューしました~(笑・・

残念だけど・・

あすかさ~ん、

006

気持ちはわかるけど、”食べれませんよ~”

012

”僕はまだまだママのおっぱいが良いです~”

おそろい

2011040112450001

寝姿もおそろい。

2011040113020000

向きが変わるのも一緒…

(まろがちゃんとみえるでしょうか?)

2011040113010000

あ、たろが外の音が気になって起きちゃいました。

保護した時には想像出来ないくらい、元気に育っています。

たろ・まろきょうだい、里親さん募集中です!

みゅうちゃん・あむちゃん・カレンちゃん 元気です☆

東北地方太平洋沖地震に被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く、皆様が安心して過ごせます様に、祈っておりますm(__)m

 

おかげさまで我が家は皆無事で、元気です。

みゅうちゃん・あむちゃんは地震・余震なんのその・・・

娘達に覆いかぶさって庇った私の姿の方に ( ゚д゚)ポカーン でした(笑)

 

○みゅうちゃん○

Img_3063 Img_3070_6 Img_3080_3

○あむちゃん○

Img_3112 Img_3072 Img_3081

 

私の帰宅時は、皆でお出迎えしてれるお利口さんで、かわいい娘達です(*^_^*)

Img_3130 Img_3131 Img_3139

どうか、家族を待っている全ての子に、良いご縁がありますように☆

Img_3076    みんなの幸せをねがってましゅ♡ (。・w・。 ) 

しおりちゃん元気です

016

ふふ・・くつろいでます~。。と言いたいのですが、

仔猫がよくやる、”行き倒れ中~”・・(笑・・

002

あすか仔猫の隔離用のウサギゲージにも興味津々。。

004

ゲージから出てお散歩中なのに何故かゲージの扉に隠れたり・・(かなり笑・・

014

自分のゲージの上も制覇して

017

ゆめ・ゆうき・のぞみ と遊ぶのに夢中でのこのブレブレ写真。。

012

大人しくなったかと思えば・・・少しイカ耳・・(笑・・

かくれんぼ上手なしおり。。

姿見えないな~と探してみても見つからず。

次の瞬間、”ヘッ~、あたしはここだよ~”と影から半分顔を出すしおりちゃん。。

しおりの中では捕まらないように逃げてるつもりですが・・

抱いてしまえば・・ヘニャヘニャになってしまい・・

甘え方のわからないしおりです。。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ